アルティメットとは...

 元日本代表の 中野源一さんを講師にお招きし、アルティメットの講習会が行われました。
フライングディスクの持ち方、投げ方や、ルールの説明、プレーの実演を行っていただきました。
跳ぶ、投げる、走ると、想像以上にハードなスポーツですが、未経験者が多い中、スキルアップのコツや、体験したことのない競技の楽しさを学びました。
アルティメットとは…英語で「究極」という意味で、
風を読みディスクを操る、ディスクを受け取るための持久力、跳躍力、瞬発力など様々な能力が求められる、
まさに究極のスポーツと呼ばれています。
1チーム7人で行う団体戦で、100m×37mのフィールド内にディスクをパスしながら、両端から18mのエンドゾーン内でディスクをキャッチすると得点となります。
オフェンスがディスクを落としたり、ディフェンスにカットされることにより、攻守交代となります。
風の影響を受けることがある競技なので、得点が入ると、エンドを交代します。
紳士的な基本理念に基づき、審判は置かず、セルフジャッジで行われるのが特徴です